メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大腸がん

腸内細菌が予後に関与 治療法検討材料に 阪大

 大腸がんには予後の良いものと悪いものの両タイプがあり、その原因には腸内細菌が関係している−−。大阪大などのグループがこうした研究結果をまとめ、25日付の米医学誌ネイチャー・メディシンに掲載された。腸内細菌の調整による大腸がん治療につながる可能性がある。

 研究グループによると、大腸がん組織には、がん細胞を攻撃する免疫機能をつかさどるリンパ球の一種「T細胞」がある。T細胞のタイプについて109例で詳しく調べたところ、予後…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです