メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災地へ飛ばせ JALダイヤ担当が語る臨時便

JALで国内線のダイヤ編成を担当する伊藤邦明さん=東京都品川区の日本航空で2016年4月25日、米田堅持撮影

 熊本地震では、鉄道や道路など主要な交通網が寸断された。航空各社も九州の足を守るため、臨時ダイヤを組んで対応している。日本航空(JAL)のダイヤ編成の担当者に話を聞いた。【米田堅持】

「まずダイヤを」

 「九州の交通網を補完しなければ」。ダイヤの編成を担当するJAL路線計画部ダイヤ編成グループ主任の伊藤邦明さん(32)は、地震発生当初から、臨時便の対応を考え始めた。JALグループは、日本エアコミューター(JAC、鹿児島県霧島市)をはじめとするグループ各社の協力を得て、新幹線が不通となった福岡−鹿児島間などで25日までに133便の臨時便を飛ばしている。もともと混雑の激しい福岡空港に各社の臨時便が集中したことで、駐機場の調整は難航し、ダイヤの編成にも苦労した。

 一方で、現場からは「まずダイヤを」という声があがった。研修の延期や、安全性に影響のない整備スケジュ…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです