メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

地図情報を集めたサイト開設

瀬戸寿一東京大学特任講師によるまとめページの画面

 熊本県を中心とする一連の地震を受けて、避難所や被災地の写真、道路の通行情報、透析施設などさまざまな情報をインターネットの地図上に表示(マッピング)する取り組みが広がっている。東京大空間情報科学研究センターの瀬戸寿一特任講師は、熊本地震の地図・地理空間情報を▽研究機関▽民間会社・団体▽交通事業者・公共交通関連▽情報ボランティア−−など発信元ごとに分類してまとめたサイト(http://qiita.com/tosseto/items/f9e1b7c2747c5263da66)を17日から公開中だ。

 瀬戸特任講師は、東日本大震災の後、2013年の伊豆大島の土砂災害や、2015年の鬼怒川氾濫など、大…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文665文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです