メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日メディアカフェ×毎日女性会議

動画編集のノウハウ伝授

[PR]

 スマートフォンなどを使った動画の製作や政策提案などを通じ、女性の参加者が自分の意見を社会に伝える講座「毎日女性会議」第2期の5回目が22日、東京都内で行われました。その様子を吉永磨美記者がお伝えします。

 今回の講座は、動画の編集、構成のノウハウを学ぶ「編集ワークショップ」がテーマ。動画編集の際に使うソフトをスクリーンに映しながら、参加者らに講義した。

 ジャーナリストで講師の堀潤さんは、被写体に近づいたり遠ざかったりして撮影した動画を交互に組み合わせると、テンポよく仕上がるノウハウを紹介。また、元TBSアナウンサーの講師・下村健一さんは「見せたい順序に画像をつなぎ、いいタイミングで情報を入れ込むといい」とアドバイスした。

 後半は、毎日新聞東京本社社会部の佐藤賢二郎記者が講師と対談。1月に起きた日本人拘束事件を軸に、国内外の災害現場や紛争地の取材に対するジャーナリストの使命や仕事について語り合った。

 佐藤記者は、新聞協会賞を受賞した2005年のパキスタン大地震取材で、撮影を拒否された経験を紹介。「取材対象にとって不都合な写真でも、多くの人に伝える意義があることを誠意を持って対象に説明し、納得してもらうことが大切だ」と語った。

 下村さんは「危険地域での取材は『国民が知りたいと思うことを取材する人のために税金を使うべきだ』という視点を持ち合わせたい」と指摘。政府によるメディアの規制について、堀さんは「規制がどこまで広がるか、意識していかなければならない」と話した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです