メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『美しい建築の写真集 喫茶編』竹内厚・著

◆『美しい建築の写真集 喫茶編』竹内厚・著(パイ インターナショナル/税抜き1800円)

 これは、美しく、そして古い建築の写真集である。

 掲載されている31軒のうち、およそ3分の1は築100年を超えている。いちばん古いのは、1885(明治18)年に建てられたという函館の木造平屋。そこは10年前から「ティーショップ夕日」として営まれている。最も新しくても、喫茶室「グリル」が入る「国立京都国際会館」の開館は1966(昭和41)年と、はるか50年前である。

 めくっていて気付くのは、元住宅、元金庫、元教会など、時の流れによって、当初とは役割を変えつつも残されてきた建物が多いこと。ずうっと喫茶店として営まれている建物はほんの一握りで、そのうちの一軒、京都は四条木屋町(きやまち)で1934(昭和9)年から続く「フランソア」は、喫茶としては初めて登録有形文化財に選定されたことでも知られる。表紙を飾っているのも、この店だ。私が十数年前にアルバイトしていたやは…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. 日本、33%で平均大きく上回る 新型コロナ重症化リスク 世界で17億人

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです