メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真館

空覆う渡り鳥の大群 佐賀「東よか干潟」 /九州

夕暮れの東よか干潟を舞うハマシギの大群

 昨年5月に国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に登録された佐賀市の「東よか干潟」。有明海沿岸の広大な干潟のうち東与賀海岸に面した218ヘクタールが特別保護区に指定された。

 環境省が2015年春に実施した全国約100カ所のモニタリング調査で、渡り鳥のシギ・チドリ類の飛来数が1万2127羽を記録し、全国一となった。

 佐賀市環境政策課では、ラムサール条約登録を受けてボランティアガイドを公募。今年3月から28人が、野…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです