メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

文化庁が日田の永山城跡調査 本丸の石垣崩落状況 地震で大被害 /大分

永山城跡の崩れた石垣(左側)をみる文化庁調査団

 文化庁は26日、熊本地震で県内の文化財として最も被害が大きかった日田市丸山町の永山城跡(県指定史跡)本丸の石垣崩落状況を調査した。損傷の規模が大きい半面、足場が悪く、修復には長期間を要しそうだ。

 調査したのは富田大志・熊本地震災害連絡調整室長、山下信一郎・記念物課調査官ら。約40メートル下に落下し…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです