メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 クリントン氏指名大詰め 東部5州予備選の投票始まる

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた民主、共和両党の候補指名争いは26日朝(日本時間同日夜)、ペンシルベニアなど東部5州の予備選で投票が始まった。事前の世論調査では、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官(68)、共和党は実業家ドナルド・トランプ氏(69)が先行し、優位な戦いを進めている。クリントン氏が獲得代議員数を大きく上積みし、指名獲得をほぼ確実にできるかが焦点だ。

 予備選は、ペンシルベニア▽メリーランド▽コネティカット▽ロードアイランド▽デラウェア−−の5州で開催。クリントン、トランプ両氏は今月19日の地元のニューヨーク州予備選で勝利し、勢いを取り戻した。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです