特定秘密

表現あいまい 昨年指定61件 情報範囲も不明確

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は26日、特定秘密の昨年1年間の指定や管理の状況を記した報告書を閣議決定し、衆参両院議長に提出した。指定が妥当かどうか国会のチェックを受ける目的だが、昨年指定された61件にはあいまいな「等」の文字が多く、情報の範囲が不明確なものがあった。【青島顕】

 例えば新規指定23件の防衛省の特定秘密では「防衛力整備のために行う国内外の諸情勢に関する見積もり等」。内閣官房では「外国政府等との情報協力業務の実施状況等」。

 外務省の「外国政府等から国際情報統括官組織に提供のあった情報」では、過激派組織「イスラム国」(IS)による日本人殺害事件の情報が含まれるのか判然としない。衆院の情報監視審査会が外務省にこの点を質問したが、回答はなかった。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文598文字)

あわせて読みたい

注目の特集