メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

北極オゾンホールに懸念 南極より住民多く健康被害の恐れ

 太陽の有害な紫外線を吸収して、地上の生物を守るオゾン層。南極上空でオゾン濃度が大幅に下がる「オゾンホール」の拡大を受け、世界全体で対策を取ってきた。しかし近年、北極でもオゾンホールが観測されるようになり、北極圏の住民の健康などへの懸念が高まっている。

 ●フロンガス原因

 「北極上空に今春、過去最大のオゾンホールができるかもしれない」。今年2月、米科学誌サイエンスにこんな記事が掲載された。

 オゾンは酸素原子三つからなる気体。大気中のオゾンの約9割は10〜50キロ上空の「成層圏」に集中し、オゾン層と呼ばれる。皮膚がんの原因となるような有害な紫外線を吸収してくれるので、地上で生物が生きるのに欠かせない存在だ。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです