メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベビーカー事故

東京メトロ「設備面を改善」…国に報告

ドアの検知精度向上

 東京メトロ半蔵門線九段下駅(東京都千代田区)で電車がベビーカーを挟んだまま発車した事故で、同社は27日、再発防止策を盛り込んだ報告書を国土交通省に提出した。事故の直接的な原因は車掌の判断ミスだったが、車両ドアの検知精度向上や自動停止システムの導入など設備面の改善を進める。

 東京メトロによると、挟み込みに対する車両ドアの検知精度を現在の幅15ミリから、10ミリに向上させる。また、ホームの非常停止ボタンが押…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです