出雲

「そば」の次は「うどん」 食文化で定着目指す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
設立発起人の飲食店主、森山太史さん=島根県出雲市で2016年4月26日、山田英之撮影
設立発起人の飲食店主、森山太史さん=島根県出雲市で2016年4月26日、山田英之撮影

「出雲うどん愛好会」が発会式

 そばの名産地、島根県出雲市で26日、「出雲うどん愛好会」の発会式があった。出雲そばに続いて、出雲うどんを食文化として定着させることを目指す。

 出雲で麺といえばそば一色と思われがちだが、かつては石臼で小麦をひいてうどんを作る家庭もあった。設立発起人の飲食店主、森山太史さん…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

あわせて読みたい

注目の特集