メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「指定避難所」32カ所閉鎖 建物の損壊などで

内壁が落ち床に突き刺さった市立東部中学校の体育館=熊本市東区で2016年4月26日午前11時52分、須賀川理撮影

全部で430カ所 耐震化の義務づけなく

 熊本地震で、災害時に被災者が一時滞在する「指定避難所」が、熊本県内の11市町村で計32カ所閉鎖されていることが毎日新聞の調べで分かった。建物の一部が利用できない施設も少なくとも27カ所ある。地震による建物の損壊や周辺の土砂崩れなどが原因。東日本大震災(2011年)を教訓に、速やかに被災者を受け入れ、物資を配布する拠点などとして市町村に指定が義務づけられたが、地震対策が不十分である実態が露呈した形だ。事態を重視した内閣府は実態調査に乗り出す。

 地震発生から10日後の24日午後1時半現在、500人以上が避難している12市町村を取材した。指定避…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです