メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2005年のサービス開始以来拡大を続け、今や10億人の利用者を抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」。75カ国、61の言語で提供され、1分間に約300時間分もの動画が投稿されている。投稿者は自ら開設したチャンネルに広告を掲載すればユーチューブから収益を受け取ることができる。歌やゲームの実況など自らが表現者となり、動画の再生回数を増やしてお金を稼ぐ「ユーチューバー」と呼ばれる人たちがいる。

 ユーチューブによると、年間10万ドル以上稼ぐチャンネルが数千はあるという。特にテレビを見なくなった…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです