メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 春が新生活の始まりとなる人にとって、期待と不安が入り交じり、心も体も疲れがち。見知らぬ土地での暮らしに心細さを感じる方もいるかと思う。私が新人として赴任した岡山県での暮らしも、初めは孤独との闘いだった。

 地域に溶け込むための第一歩をどう踏み出せばよいか。きっかけを見つけたい方はぜひ「Facebook」でイベント告知のページをのぞいてみてほしい。そこには、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でつながった人たちが主催するワークショップや展覧会などさまざまなイベントがカレンダーに一覧で表示される。「いいね!」を押すのと同じように「参加する」を押すと参加登録が完了。私も最近この機能を通…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです