メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

トランプ氏 外交政策、同盟国に負担増要求

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏(69)は27日、ワシントンで外交政策について演説した。ブッシュ前政権やオバマ政権の外交政策を批判し、米国の国益を最優先する「アメリカ・ファースト(米国第一)」の外交を行うと強調。日本などを念頭に同盟国に安全保障に関わる経費負担の増加を求める考えを改めて示す一方、ロシアや中国との関係改善の必要性を主張した。

 これまで米メディアの取材に答える形で外交政策を明らかにしてきたトランプ氏が、演説の形で包括的に示し…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです