メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

山下達郎 ポップスを成熟させた匠

撮影:菊地英二

 匠(たくみ)と名高い噺家(はなしか)の寄席に足を運んだような、まるでそんな気分だった。そしていつの日か、気の置けない友人たちとの酒宴で、互いの老けっぷりを肴(さかな)に、かたくなで通ったあの名人の現役時代を、あの高座を生でみたことがあるのだと自慢する我が身を想像して楽しくなった。

 山下達郎、デビュー40周年を記念したツアーの東京公演だ。人前で歌うのは初めてだという「土曜日の恋人」があったり、演目こそ変わっても、大きく内容が変わることはない。バンドの顔ぶれもほとんど一緒だ。年齢や経験とともに鍛錬を重ね、ここ数年、ライブを続けてきた。それも、CDの発売と連動させず、独立した形でライブに可能性を求めながら。

 その成果は彼の歌声に、演奏の隅々に表れ、ため息がこぼれるくらいだ。シュガー・ベイブ時代の「すてきな…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです