メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の褒章

県内から11人 /奈良

東大阪市のスタジオで「与えられた作品を自分なりにやっていく」と笑みを見せる山本さん=芝村侑美撮影

 春の褒章が29日付で発令される。県内からは黄綬褒章2人、紫綬褒章1人、藍綬褒章8人の計11人が受章する。バレエダンサーとして芸術文化の発展に大きく貢献し、紫綬褒章を贈られる山本隆之(りゅうじ)さん(44)=奈良市=に話を聞いた。(名簿は敬称略)【芝村侑美】

躍動感ある踊りで魅了 新国立劇場バレエ団登録プリンシパル・山本隆之さん(44) 紫綬褒章

 新国立劇場バレエ団(東京)の「登録プリンシパル」で、数々の公演で主役を務めてきた日本を代表するバレエダンサー。受章に「びっくりした」と話す一方、「舞台に立つことが好き。表現者として今後も取り組む」と表情を引き締めた。

 バレエスタジオを開設したいとこに誘われ、中学1年の時に踊り手の道へ。ジャズダンスの経験を積み、高校1年からクラシックバレエを始め、頭角を現した。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです