交付税

7億円過大受給 生活保護集計ミスで愛知・津島市

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今年度以降、国の交付税減額し相殺へ

 愛知県津島市は27日、地方交付税の算定に用いられる生活保護受給者数を誤って国に報告し、2015年度までの5年間で計7億円の交付税を過大に受け取っていたと発表した。今年度以降に交付税を同額分減らして相殺。日比一昭市長と副市長の給与を3カ月、10%減額する。

 市によると、誤っていたのは生活保護の医…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集