北朝鮮

労働党大会前に挑発か 米前政権の担当者が観測

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】米ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)で北朝鮮核問題を担当したビクター・チャ戦略国際問題研究所(CSIS)韓国部長は27日、訪問先のソウルで記者会見し「(平壌で6日に始まる)朝鮮労働党大会までの間に核やミサイルに関連する挑発が行われる可能性が引き続き高い。ただ、党大会では一転して経済に焦点を当てるだろう」との見通しを語った…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集