メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

労働党大会前に挑発か 米前政権の担当者が観測

 【ソウル米村耕一】米ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)で北朝鮮核問題を担当したビクター・チャ戦略国際問題研究所(CSIS)韓国部長は27日、訪問先のソウルで記者会見し「(平壌で6日に始まる)朝鮮労働党大会までの間に核やミサイルに関連する挑発が行われる可能性が引き続き高い。ただ、党大会では一転して経済に焦点を当てるだろう」との見通しを語った…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです