メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
北朝鮮

労働党大会前に挑発か 米前政権の担当者が観測

 【ソウル米村耕一】米ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)で北朝鮮核問題を担当したビクター・チャ戦略国際問題研究所(CSIS)韓国部長は27日、訪問先のソウルで記者会見し「(平壌で6日に始まる)朝鮮労働党大会までの間に核やミサイルに関連する挑発が行われる可能性が引き続き高い。ただ、党大会では一転して経済に焦点を当てるだろう」との見通しを語った…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです