特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

共和トランプ氏外交政策 同盟国に負担増要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏(69)は27日、ワシントンで外交政策について演説した。ブッシュ前政権やオバマ政権の外交政策を批判し、米国の国益を最優先する「アメリカ・ファースト(米国第一)」の外交を行うと強調。日本などを念頭に同盟国に安全保障に関わる経費負担の増加を求める考えを改めて示す一方、ロシアや中国との関係改善の必要性を主張した。

 これまで米メディアの取材に答える形で外交政策を明らかにしてきたトランプ氏が、演説の形で包括的に示したのは初めて。ただ、過去の政権の外交政策に対する批判が多くを占め、自身が目指す政策の具体性には欠けた。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1258文字)

あわせて読みたい

注目の特集