メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自

受注台数半減 17年3月期業績めどたたず

決算発表記者会見で記者の質問に答える三菱自動車の相川哲郎社長=東京都港区の同社で2016年4月27日午後4時45分、徳野仁子撮影

 三菱自動車の相川哲郎社長兼最高執行責任者(COO)は27日の決算発表会見で、燃費データ不正問題の公表後、1日当たりの受注台数が半減していることを明らかにした。購入者への補償などにかかる費用の全容が見通せないことから、2017年3月期の業績予想の公表を見送った。

益子会長辞任へ

 同社は不正を公表した20日から問題の軽自動車の生産や販売を停止。販売不振は普通車にも及び、軽と普通車の合計で受注が公表前の半分の水準まで落ち込んだという。相川社長は「厳しく受け止めている。おわびするしかない」と述べた。

 不正による今年度の業績への影響について、相川社長は「洗い出しているところ」と明言しなかったが、軽自…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです