メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア和平

協議停滞 一時中断、空爆激化し戦闘再燃

 【カイロ秋山信一】ジュネーブで開かれていたシリアのアサド政権と反体制派による和平協議は27日、約2週間の日程を終え、中断に入った。協議開催中に政権側の空爆が激化し、反発した反体制派が協議を離脱したため、協議の行方は不透明感を増している。

 「民間人への攻撃停止や政治囚の釈放といった要求事項が履行されなければ、協議には復帰しない」。反体制派政治組織「シリア国民連合」の幹部サミル・ナシャル氏は26日、電話取材に対して、協議復帰への条件を挙げた。

 ただ、こうした条件が整う可能性は低い。2月27日の一時停戦発効後、政権側は空爆を縮小させ、局地的な戦闘はあったが、民間人の犠牲者は一定程度抑制された。だが4月に入って政権側が空爆を再び激化させたことで大規模な戦闘が再燃し、反体制派は「停戦は事実上崩壊した」と非難している。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです