特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

共和党主流派、トランプ氏優勢で窮地に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米大統領選の共和党予備選は、首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏(69)の勢いが止まらない。トランプ氏の指名獲得阻止を狙う党主流派は、窮地に追い込まれている。

 26日に東部5州で全勝したトランプ氏。獲得代議員数を988にまで伸ばし、党候補指名獲得に必要な総代議員の過半数の1237人にさらに近づいた。

 クルーズ氏とジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)は24日、「敵の敵は友人」のロジックによる「共闘」で合意。今後の予備選では、クルーズ氏が保守的な中西部インディアナ州(代議員数57人)、ケーシック氏がリベラルな西部オレゴン州(同28人)とニューメキシコ州(同24人)での選挙活動に集中することになった。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文772文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集