特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

クリントン氏、本選に照準 民主党内結束図る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日に行われた米大統領選の民主党予備選を受け、候補指名が濃厚となったヒラリー・クリントン前国務長官(68)は11月の共和党候補との本選に向け動き出した。

 「この大統領選に勝ち、みんなでよくなる米国を築くためには、我が党は一致団結しなければならない」。26日夜、クリントン氏は東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで開いた勝利集会で、本選に向けた党の結束を呼びかけた。

 民主党と共和党はそれぞれ強固な支持基盤を持つ州があり、本選での勝負を決めるのは、選挙の度に勝利政党が変わる「スイング・ステート(揺れる州)」での戦いだ。10州前後あり、クリントン氏はこのうち、既に予備選・党員集会が終わった南部フロリダ、バージニア州や中西部オハイオ州などで今月に入り、政治資金集会を開催。本選への態勢作りを着々と進めている。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1255文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集