メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫カフェ規制

夜間営業認める答申案、動物愛護部会承認

 猫と触れ合える「猫カフェ」で猫を夜遅くまで働かせてよいかどうか論争となっている問題で、環境相の諮問機関、中央環境審議会の動物愛護部会は27日、6月以降も午後10時までの夜間営業を認める答申案を承認した。猫の「労働時間」を1日12時間以内に限定する条件を新たに設け、11歳以上の高齢猫には定期的に健康診断を受けさせるよう配慮を求める。

 動物愛護法に基づく基準で、ペットショップでの動物展示は午前8時〜午後8時に規制されている。猫カフェに関しては、経営者らが「猫は夜行性。おりに閉じ込める方がストレスがかかる」と主張。2012年から今年5月末までの経過措置として、1歳以上の猫で施設内を自由に移動できる状態であれば、午後10時まで営業できる特例が認められていた。今後は条件を追加した上で恒久的に規制が緩和される見込み。環境省による猫カフ…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです