ヘイト対策法案

「あらゆる差別に対処」付帯決議合意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 特定の人種や民族に対する差別的言動を街頭などで繰り返すヘイトスピーチの対策法案について、与野党は27日、与党側が提出している法案のヘイトスピーチの定義とは別に「あらゆる形態の人種差別撤廃に関する国際条約の精神に鑑み適切に対処する」との文言を付帯決議に盛り込むことで合意した。ゴールデンウイーク明けに参院法務委員会が全会一致の委員長提案の形で本会議に提出し…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集