メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

温和だったアフガン=西川恵

 <kin−gon>

 アフガニスタンのバーミヤンにある東西二つの大仏がタリバンによって爆破されて今年で15年。千数百年前の人類の貴重な文化遺産を破壊する行為に「愚かな」という言葉しか見つからなかったが、他方で「タリバンという特殊集団の例外的な蛮行」との思いが当時はあった。しかしそうではなかった。

 文化遺産の破壊をインターネットで世界に見せつけたタリバンの劇場型プロパガンダは過激派組織「イスラム国」(IS)に引き継がれ、この1、2年、イラクのハトラ遺跡、シリアのアレッポやパルミラ遺跡などでも繰り返されている。文化遺産の無意味な破壊によって一線を越え、その模倣を招いたタリバンの罪は重い。

 東京芸大(東京都台東区上野公園)で特別企画展「素心 バーミヤン大仏天井壁画〜流出文化財とともに」が…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです