伊勢志摩サミット

成功へ地ならし 欧露へ首相「弾丸」歴訪、5日で6カ国首脳と会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は5月1日から7日まで欧州とロシアを歴訪する。熊本地震への対応で日程を短縮したため、5日間で6カ国の首脳らと会談する「強行軍」。5月26、27両日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を議長国として成功に導くための重要な旅になる。【前田洋平】

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で「サミットの成功に向けて、各国首脳とさまざまな課題について意見交換する。不透明感を極めている経済が中心になるだろう」と述べた。

 今回訪問するイタリア、フランス、ドイツ、英国は主要7カ国(G7)のメンバー。サミットでは、中国など新興国の経済減速を受け、世界経済を下支えするための協力が課題になる。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文859文字)

あわせて読みたい

注目の特集