メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

極右の台頭 牢獄の平和=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 第二次世界大戦後、ポーランドからドイツに辛うじて逃れたという友人と何度か食事をした。高名な音楽家である彼は、メルケル首相の移民政策について「極めて危険な政策だ。難民を受け入れるという大義のもとに、結局は欧州を危機に陥れる」と繰り返し話していた。流入する難民に寛容になることが極右政党の台頭につながり、深刻な事態を招くとの懸念だが、24日のオーストリアの大統領選挙でそれが現実になった。

 厳格な難民対策を求めていた極右政党が36%の票を獲得。難民の受け入れに寛容な施策をとってきた政権与…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです