メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

救援物資倉庫、運送業者に一任

 多数の被災者に水や食料を素早く配るにはどうすればいいか。熊本地震で突きつけられた課題だ。今、新たな防災倉庫のあり方が模索されている。

 ●分配拠点が損傷

 熊本地震で熊本市東区のショッピングモールに避難した約1000人は、車中泊をしながら自衛隊から物資が届けられるまでの5日間、自力で作ったおにぎりなどでしのいだ。

 熊本県が物資の備蓄・分配の場所にするつもりだった熊本市内の三つの施設は地震で損傷し、役割を果たせな…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

  5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです