特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

「トランプ節」抑制、「米国第一主義」強調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党の候補指名争いをリードする実業家ドナルド・トランプ氏(69)は27日、外交政策に関する初の演説を行った。基軸は「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」。メキシコ国境への「万里の長城」建設や日韓両国の核武装容認など過去にぶち上げた過激な提案は控え、用意した原稿を読み上げた。狙いは「大統領候補」にふさわしい姿のアピールにあった。

 「でたらめだったものを目的あるものに、イデオロギーを戦略に、混沌(こんとん)を平和に換える外交政策を提案する。米国の外交政策のさびを落とす時だ」

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1534文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集