メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育所探し

「妊娠中から」15% 希望通り6割弱

担当職員から説明を受ける、保育園入園相談に訪れた母親=東京都杉並区役所で2016年4月6日、堀井恵里子撮影

 厚生労働省は28日、子どもを保育所に入れるために情報収集や勤務条件を変えるなどする親の「保活(ほかつ)」に関する初のインターネット調査の中間まとめを公表した。妊娠中から保活を始めていた人が15%に上る一方、希望通りの保育所に入れたのは6割弱にとどまり、保活が早期化しつつ、結果が伴うとは限らない厳しい実態が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです