メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「伝言大臣」など避難所内閣 益城町立広安西小

避難所での役割ごとに各「大臣」の割り当てを示す付箋=2016年4月27日、春増翔太撮影

 熊本地震で約250人が身を寄せる熊本県益城(ましき)町立広安西小学校に、「伝言大臣」「豊かさ倍増大臣」などの避難所内閣が誕生した。避難所を明るく運営しようと井手文雄校長が任命した教職員たちだ。

 学校が5月9日に再開するまでは、教室や廊下で多くの避難者が生活する。避難所運営と再開準備に奔走する教職員…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです