メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もの作りの現場から

埼玉・工場めぐり/2 胃袋つかむ「山田うどん」 所沢に本社、入間工場で1日4万食 /埼玉

たぬきうどんは280円(左)、しょうゆラーメンは380円と、財布にも優しい=さいたま市桜区で

提供前、プリプリ感 ラーメンも見逃せない

 埼玉のソウルフードとも言われるのが、県内を中心に1都6県で約170店舗を展開するうどんチェーン「山田うどん」だ。所沢市に本社がある「山田食品産業」が運営し、全店舗で提供するうどんを入間市の工場で製造している。「早い・安い・うまい・満腹」の四拍子をモットーにファンの心を離さない。

 埼玉県は小麦の産地で、同社の本社周辺もかつては一面、小麦畑だった。1980年に稼働した入間工場は、…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1056文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです