浜名湖

今シーズン潮干狩り中止 クロダイがアサリえさに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
例年は多くの家族連れでにぎわう浜名湖の干潟=浜松市西区で2014年4月、沢田均撮影
例年は多くの家族連れでにぎわう浜名湖の干潟=浜松市西区で2014年4月、沢田均撮影

 ゴールデンウイーク(GW)を中心に毎年5万人の観光客でにぎわう浜松市の浜名湖の潮干狩りが、干潟からアサリが消えてしまう非常事態を受け、今シーズン(4〜8月)は中止されることになった。漁師らの“捜査”で、クロダイが食い荒らしているのが原因とほぼ特定されたが、地元関係者は被害防止に四苦八苦している。

 海水と淡水が交じる汽水湖の浜名湖は良質のアサリが取れることで知られ、三つの干潟を有料で開放する潮干狩りは、春から夏の風物詩として観光の目玉の一つになっている。

 しかし2013年、赤潮と台風の影響でアサリが減少したことから戦後初めて潮干狩りが中止になった。主催する浜名漁協弁天島遊船組合は、採取量を制限したり稚貝を放流したりしてきたが、昨年5月に“事件”が起きた。不足分を補うため遊船組合が夜間にまいた500キロ以上のアサリが、一晩ですべて消えてしまったのだ。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文865文字)

あわせて読みたい

注目の特集