熊本地震

土砂崩れ想定外 国の基準満たさず指定見送る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
斜面が崩落し5人が亡くなった高野台団地の現場=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月29日午後0時17分、本社ヘリから須賀川理撮影
斜面が崩落し5人が亡くなった高野台団地の現場=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月29日午後0時17分、本社ヘリから須賀川理撮影

南阿蘇 7人犠牲の現場2カ所

 熊本地震の被災地となった熊本県南阿蘇村で、7人が犠牲になった2カ所の土砂崩れ現場が、土砂災害防止法で事前に危険性の周知などを義務づけている「警戒区域」に指定されていなかったことが熊本県への取材で分かった。斜面が緩やかであるなど、国の定める基準を満たしていなかったためで、県だけでなく国も「想定外」としている。しかし、火山灰が堆積(たいせき)した阿蘇地方は土砂災害が起こりやすく、過去には別の未指定の場所でも被害が相次いでいる。専門家は地質なども考慮した新たな対策の必要性を指摘している。【志村一也、前谷宏】

 国土交通省などによると、熊本地震では阿蘇地方を中心に少なくとも97カ所で土砂崩れが確認され、南阿蘇村では3カ所で計9人が犠牲となった。このうち、60代の夫婦が巻き込まれた同村立野(たての)の現場は警戒区域に指定されていたが、5人が死亡した同村河陽(かわよう)の高野台団地と、宿泊中の香川県の夫婦が犠牲になった同村長野の火の鳥温泉は指定外だった。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1365文字)

あわせて読みたい

注目の特集