メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都動物愛護センター

動物、命の大切さ学ぶ ふれあい体験や講演 /京都

 府と京都市が共同運営し、遺棄された犬猫の保護や里親探しなどの情報発信をする「京都動物愛護センター」(京都市南区)が30日、オープン1周年を迎え、記念イベントが開かれた。親子連れらが、センターに収容されている犬の散歩や、獣医師体験を通し、命の大切さを学んだ。

 センターによると、市で殺処分もしくは収容中に死亡した犬は、2010年度は81頭だったのが、15年年度は12頭まで減少。猫は10年度の1702匹から15年度は948匹まで減った。

 センターがオープンし収容環境が改善したことで犬猫の健康状態が良くなり、引き取り手が増えたこと、また…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです