メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

進化する東大野球部(その1) 弱い者が勝つ興奮

真剣な表情で練習する東大野球部の伊藤一志投手=東京都文京区で、望月亮一撮影

 午後の日差しがまぶしい神宮球場。4月18日、東京六大学リーグの東大−明大戦の2回戦が始まった。1回戦は明大が1−0でサヨナラ勝ち。この日は東大が一回に2点を先制し、一塁側スタンドが一気に沸いたものの六回に追いつかれた。「今までなら『負けた』と思ってずるずるいってしまっていた」と浜田一志監督(51)が振り返ったように、九回に劇的なサヨナラ勝ちをし、3−2で今季初勝利をつかんだ。明大からの勝利は12年ぶりになる。

 「勝ち点を狙えるチームになってきた」。浜田監督の言葉には自信がみなぎっていた。昨春、94連敗という…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文875文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]