メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

進化する東大野球部(その1) 弱い者が勝つ興奮

真剣な表情で練習する東大野球部の伊藤一志投手=東京都文京区で、望月亮一撮影

 午後の日差しがまぶしい神宮球場。4月18日、東京六大学リーグの東大−明大戦の2回戦が始まった。1回戦は明大が1−0でサヨナラ勝ち。この日は東大が一回に2点を先制し、一塁側スタンドが一気に沸いたものの六回に追いつかれた。「今までなら『負けた』と思ってずるずるいってしまっていた」と浜田一志監督(51)が振り返ったように、九回に劇的なサヨナラ勝ちをし、3−2で今季初勝利をつかんだ。明大からの勝利は12年ぶりになる。

 「勝ち点を狙えるチームになってきた」。浜田監督の言葉には自信がみなぎっていた。昨春、94連敗という…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

  2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです