メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

レッドカーペットを共に歩こう=河瀬直美

 2010年から隔年で開催している「なら国際映画祭」は今年で4回目を迎える。初年度から映画を創る映画祭と銘打ってそのプロジェクトを「ナラティブ」と名付け、推進してきた。グランプリを取った監督にその翌年奈良で映画を創ってもらうという、継続的な取り組みである。

 これは、単に映画を創るということだけではなく、その地域の魅力を世界に発信するとても意義深いものとなっている。過去4本の作品を国内外の監督と奈良で創ってきて感動するのは、地元住民の喜びに満ちあふれた表情を見るときだ。

 自らが暮らす町は、とても素晴らしい場所であるということを彼らが再認識することにつながっているという…

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです