メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

レッドカーペットを共に歩こう=河瀬直美

 2010年から隔年で開催している「なら国際映画祭」は今年で4回目を迎える。初年度から映画を創る映画祭と銘打ってそのプロジェクトを「ナラティブ」と名付け、推進してきた。グランプリを取った監督にその翌年奈良で映画を創ってもらうという、継続的な取り組みである。

 これは、単に映画を創るということだけではなく、その地域の魅力を世界に発信するとても意義深いものとなっている。過去4本の作品を国内外の監督と奈良で創ってきて感動するのは、地元住民の喜びに満ちあふれた表情を見るときだ。

 自らが暮らす町は、とても素晴らしい場所であるということを彼らが再認識することにつながっているという…

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1545文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです