メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『夢の歌から』=津島佑子・著

 (インスクリプト・2916円)

おおもとにある「いのち」への思い

 この二月に亡くなられた津島佑子さんの遺著となるエッセイ集である。全体は四部からなり、第一部では東日本大震災と原発事故に触発された一連の思索が、第二部では近年の小説の舞台ともなった新疆ウイグルや湘西など、大陸への旅と考察が、第三部はぐっと文学的な深度を深めた異界と物語についての言葉が、最後の第四部では、前三部を横断していく短めの文章が収められている。

 主題はみな、有機的に結びついている。小説世界で展開されていた叙事のダイナミクスを抑えながらも力のある表現でつづられた言葉は、読者の想像力に委ねるというより、想像力を発動させる種を蒔(ま)くためのものだ。著者がもうこの世にいないことを知っている読者が手に取れば、あちこちで親しい人々の死に言及されていることをつい意識してしまうのだが、本書のおおもとにあるのは、「死」ではなく「生」への、「いのち」への…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英変異株、東京でも初の市中感染確認 10歳未満の女児、英国滞在歴なし

  2. 自民・世耕氏、河井案里被告は「辞職しても仕方ない」 党幹部が初の公式言及

  3. 強気、棒読み、読み間違い…首相答弁に野党反発 予算委論戦に与党から不安の声

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです