メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンクロナイズドスイミング

ジャパンオープン 乾・三井組1位通過 デュエットFR予選

デュエット・フリールーティン予選、乾(右)・三井組の力強い演技=梅村直承撮影

 シンクロナイズドスイミングのジャパンオープン第2日は4月30日、日本選手権を兼ねて東京辰巳国際水泳場で行われ、デュエット予選は、テクニカルルーティン(TR)1位でリオデジャネイロ五輪代表の乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組がフリールーティン(FR)92・8333点、合計184・9290点で1位だった。チーム予選は、TR1位でリオ五輪代表の日本(乾、三井、吉田、箱山、中村、丸茂、中牧、小俣)がFR93・7000点、合計186・1360点でトップだった。

 非五輪種目のフリーコンビネーションは、井村シンクロクAが86・6333点で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです