メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

10年 君と学ぶ夏が来る 「いのち」の尊さ多彩な講座で 7月28〜31日に開催

 和歌山県高野町の霊峰・高野山で毎夏、小学生が思い出を刻む「こども高野山夏季大学」(毎日新聞社主催)が今年も7月28〜31日に開かれる。今年で10回目を迎え、これまで小学生延べ約600人が参加した。宿坊に寝泊まりし、多彩な講座を通じて豊かな感性を育む夏の体験学習として、すっかり定着した。今年の募集の詳細は6月上旬、毎日新聞で発表予定。事業に携わっている関係者らに思いを語ってもらった。【上門憲一、今西拓人】

 こども高野山は、毎日新聞創刊135年記念事業の一つとして2007年にスタート。以来毎年、3泊4日の…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです