メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR肥薩線

嘉例川駅の「ニャン太郎」、観光大使に

 1903(明治36)年の開業時の木造駅舎が残るJR肥薩線の嘉例川駅(鹿児島県霧島市隼人町)に、1匹の雄ネコが昨年11月ごろからすみ着いている。「ニャン太郎」と名付けられたネコは人懐こく、観光客の間で一躍人気者に。駅舎を管理する地域の住民らは「招き猫」「神様からのお使い」と大事にし、5日には駅で「嘉例川観光大使」への任命式も開く。【津島史人】

 国の登録有形文化財となっている嘉例川駅には、列車や乗用車などで大勢の観光客が訪れる。黒ずんだ重厚な駅舎の待合室。かつて荷物の発送に使っていた棚の上、地域住民の整えた「ベッド」に、タヌキのような顔立ちが特徴のニャン太郎が横たわる。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  3. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  4. 東京都内で新型コロナ感染者95人以上確認 1日あたり最多

  5. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです