メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックマーク

雰囲気デフレ効果=岸政彦(社会学者)

 ずっとデフレである。さいきんはインフレよりもデフレの方が怖いという認識が広まり、経済政策もずいぶんと変わってきたし、実際にその効果も現れつつあり、例えば正社員もかなり増加している。しかし世の中全体の雰囲気はいまだに暗く、殺伐としていると感じる。もちろん、何のデータもない、ただの個人の感想だが、それにしても昭和の時代には「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」などという歌や映画があったことは、いまから考えると本当に信じがたい。この社会でスーダラしながら生きていけるひとなどどこにもいないだろう。いくつかの経済指標が改善されても、「雰囲気デフレ」はまだまだ残っているのだ。

 大学でも、鉛筆1本、クリップ1個の使途をいちいち書類で出さないといけないようになった。不正も多かっ…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文800文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです