メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

家屋3割「危険」 4万7000件判定終了

地震で被害を受けた家屋の前で大量のがれきの片付けをするボランティアら=熊本県阿蘇市で1日午後1時35分、矢頭智剛撮影

 熊本県は1日、熊本地震による被災家屋の倒壊危険性を調べる「応急危険度判定」の当初予定分が終了したと発表した。立ち入りが「危険」とされた建物は4月30日現在で1万3113件となり、判定した建物4万6966件の27・9%を占めた。「要注意」は1万4907件だった。「危険」の割合は東日本大震災(12・3%)や阪神大震災(13・9%)、新潟県中越地震(14・5%)を上回った。

 熊本県は「震度7の地震に2度襲われたことで被害が拡大した」とみている。ただし、津波や火災で被災した…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです