メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

女の「詩声」が降る=酒井佐忠

 いま現在、日本で活躍している女性詩人や歌人の作品を海外の人にも知ってもらいたい。紫式部や与謝野晶子だけではない。現代社会で多様になるばかりの女性の詩歌人の声に、一人でも多くの人が耳を傾けてほしい。そんな思いで「日本女性詩歌翻訳プロジェクト」が立ち上げられて約3年。第2回日英翻訳詩歌朗読講演会「女の詩声(うたごえ)が降る」が7月3日午後2時から5時まで、大津市の旧大津公会堂(京阪浜大津駅徒歩1分)で開催される。

 出演は、特別ゲストとして「80年代女性詩ブーム」の代表者、熊本と米国を行き来する多芸の伊藤比呂美と…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文575文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです