メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・鈴木おさむ

ただいま、父勉中。 オイスター先生

 妻が出産してから、家の料理を毎日作っている。もちろん妻の分も。家の料理係として料理を作り、いろいろなことに気づく。カボチャの煮つけは最初に強火で勝負するのがポイントなんだとか。火加減でこんなに違いが出るなんて気づかないわけで。

 日々作る中で、最初に立ちはだかった壁が味付けだ。塩、コショウ、醤油(しょうゆ)、シンプルな味付けから、次第にめんつゆの便利さに気づく。炒め物、煮物など、なんでも役に立つ強い味方。だが、さすがにめんつゆばかりだと飽きてくる。味付けのバリエーションは欲しい。どうせなら妻の「うま〜い」のリアクションも欲しい。

 めんつゆブームのあと、しばらくしてあるものの偉大さに気づく。オイスターソースだ。自分で料理するまで…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文728文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです