メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンクロナイズドスイミング

ジャパンオープン チーム五輪、光明の優勝

チーム・フリールーティン決勝を制した日本代表の躍動感あふれるジャンプ技=梅村直承撮影

 シンクロナイズドスイミングのジャパンオープン最終日は1日、日本選手権を兼ねて東京辰巳国際水泳場で各種目の決勝が行われ、デュエットは、テクニカルルーティン(TR)1位でリオデジャネイロ五輪代表の乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組がフリールーティン(FR)92・5000点、合計184・5957点で3年連続3回目の優勝を果たした。

 チームは、TR1位でリオ五輪代表の日本(乾、三井、吉田、箱山、中村、丸茂、中牧、小俣)がFR93・…

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです