メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本城

窮地に援軍続々 各地の城に募金箱

地震で石垣や屋根が壊れた熊本城=熊本市中央区で2016年4月22日、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 戦国武将の加藤清正が1607(慶長12)年に築いたとされ、日本三名城の一つに数えられる熊本城。その威容は熊本のシンボル的存在だが、熊本地震では至る所で石垣が崩れ、天守閣も傾くなど大きな被害を受けた。城再建に向けて、熊本市が復旧支援金を受け付けている他、各地の城で募金箱が設置されたり、国内外の要人が支援を表明したりして支援の輪が広がっている。しかし余震が続いて被害の実態調査が進まないなど課題も多く、修復には時間がかかりそうだ。

 「こんなになってしまって……」。ゴールデンウイーク(GW)真っただ中の4月30日、熊本城周辺では、…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです